本文へスキップ
デジタル日野気象台 あなたは番目
 
1-Wire LANとWeatherDisplayソフトをもちいた、手作りの気象台です。5分ごとにリアルタイムの気象データを表示します
設置場所:北緯:35°39' 28.08", 東経:139°24'05.40"(世界測地系), 標高:101m 東京都日野市南平2丁目
  
Hino Live Camera24時間ライブカメラはこちら

 
コンテンツ
日野の詳細天気 5分ごとに測定した結果を、詳細に表示します
気象ライブ WeatherDisplayのアドオンソフトWeather Display Liveにより、疑似動画のアニメーションでリアルタイムに気象データの図形表示を行います
気温の統計

さまざまな気温に関する統計を表示します。

雨量の統計 さまざまな雨量に関する統計を表示します。
風向・風速の統計 風向、風速の統計を表示します。
太陽エネルギー 日照量から、1平方メートルあたりの太陽エネルギーを計算し、月ごとに積算して示します。
落雷 落雷状況を、表示します
高層気象 航空機から気象通報として伝送されている高層の気象データを受信し、気温、風向、風速の鉛直分布のグラフを表示します。
地震 ウェザーニュース社の”ゆれセンサー”による地震を表示します
気象データランキング 当気象台で連続観測が開始された、2004年以降の気象データの最高値、最低値の順位(ランキング)を表示します。
お断り
本サイトは、自分の研究のために観測しているもので、気象庁とは無関係です。測定データの精度、定時性は、努力はいたしますが,保証するものではありません。また、本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害の求償の責は負いかねます。
Powered by
お知らせ

2016年12月1日

  • ACARSの気象通報を用いた高層の気象データから、1500m上空の気温をリアルタイムに表示するようにしました。これにより、雪が降るか判定がしやすくなると期待しています。
 詳しくはこちら

2016年10月4日

  • ACARSの気象通報を用いた高層の気象データを収集し始めて、半年たちましたので、時間変化のグラフをつくり、毎日更新することとしました
 詳しくはこちら

2016年8月14日

  •  気温、雨量などの統計データの更新間隔を1時間から10分に変更しました。よりリアルタイムに近くなりました。

2016年7月12日

  •  以前から秋月電子の雷センサーを設置していましたが、2016.7.4に本格的な雷がありました。ログファイルをグラフ化してみたところ、充分に実用になることがわかりました こちら

2015年12月20日

  • 新しいRainWise社の雨量計のため凍結防止用のヒータを内部に設置しました。
 詳しくはこちら

2015年4月5日

  • 「観測機器」のページを更新しました。
     詳しくはこちら
  • RaspberryPiを様々な形で使い始めました。そのノウハウを公開します。 こちら

2012年12月20日

  • ホームページの細部をリニューアルしました。
  • park18とpark30に分散していた日野気象台のページをpark30に統合しました 直接各ページをブックマークされている方、お手数ですが変更をお願いいたします。

2011年3月1日

  • ナチュラル研究所のホームページ開設に伴い、デジタル気象台ホームページをリニューアルしました。スタイルシート(CSS)を用い、見栄えをよくしたほかは、内容の変更はありません。ひきつづき、よろしくお願いいたします。

2003年5月5日

  • デジタル日野気象台開設